もったいないブログ

古きよきものと新しき便利なものとの融合、時間を割いてでも読まないともったいない、そんなブログを目指します

グリーンパーク山東のコテージでバーベキューキャンプ(事前準備編)


シェアする


フォローする


グリーンパーク山東の三島池沿いの遊歩道



 

 

はじめに

 

 こんにちはscene(シーン)です✋

 

まだまだ残暑厳しく、大阪では連日30℃越えの夏日が続いています。

 

10月の半ばぐらいからようやく秋の気配がしてきそうな感じです。

 

そんな10月早々、原油価格の高騰や増税という名の搾取もはじまり、これから楽しいイベント盛りだくさんの年末に向けて、水をさすような話題ばかりです。

 

どこのご家庭も家計の苦しさから更なる節約に迫られる事と思います。

 

人1人の力なんてたかが知れています。

 

この厳しさを乗り越えるには、家族や親類縁者の一致団結が必要不可欠です。

 

その為にも、この秋、コミュニケーションをはかる一環として、週末に家族で団体行動してみませんか?

 

気候の良い時期、紅葉のきれいな季節、キャンプなどどうでしょう?

 

テントをはって本格的にとか、そんな大層なものでなくても、コテージを一棟借りて、夜はワイワイガヤガヤ騒ぎながらのバーベキューキャンプなどはいかがでしょう。

 

グリーンパーク山東のコテージでバーベキューをしている

 

それなら小さいお子さんも安心して泊まれますし、調理器具などの道具も一通り揃っていますので荷物も少なく手軽に楽しめます。

 

気になる費用ですが、ホテルや旅館などに泊まることを思えばかなり安くすみます。

 

いつもの僕の例ですが、特別高い施設は別として、食費や交通費など全て込み込みで大人1人¥5000円ぐらいまでで収まっています。

 

ぜひ、ご家族や親類縁者大勢で紅葉の秋と食欲の秋を楽しんでみてください。

 

そんなバーベキューキャンプを楽しむには、まずは場所選びが重要です。

 

施設の充実、アクセスの良さ、料金など人それぞれに色んな条件設定があるでしょう。

 

大人数で出かけるので、日程の調整もあります。

 

どうしても混雑する休日になる事は前提なので、予約も早めにしないと人気の施設などはすぐに埋まってしまいます。

 

こんなたくさんの条件を加味したうえで、今から紹介します、「グリーンパーク山東」という施設を僕は選択しました。

 

他にも数件行きましたけど、ここ以上の施設には未だ巡りあえていません。

 

お世辞抜きでオススメの施設です。

 

グリーンパーク山東のコテージ前で記念撮影




グリーンパーク山東について

 

グリーンパーク山東の総合案内図


 

予約

 

■インターネット

 

http://reserve.greenpark-santo.com/

 

■TEL

 

0749-55-3751

 

*いずれも6カ月前から予約できます。

 

■キャンセル料

 

・1週間~2日前: 30%

・前日: 50%

・当日&無断キャンセル: 100%

 

 

住所

 

〒521-0221

滋賀県米原市池下80番地1



アクセス



 

 

*到着したらまず、総合管理棟の「鴨池荘」の中にあるフロントでチェックインの手続きをしてください

グリーンパーク山東の管理棟鴨池荘

グリーンパーク山東のグリーンドーム横の駐車場

 

 

宿泊施設

 

■コテージ

 

・全5棟(洋タイプ2棟、和タイプ3棟)

 

・1棟の定員10名

 

・各棟に屋根付きの屋外バーベキュー台がありますので雨の日も安心です。

 

・チェックイン 15:00

 

・チェックアウト 10:00

 

*コテージ内にお風呂はありますが、鴨池荘の「美肌の湯」に入ることもできます。

 

(料金)

・レギュラーDAY

¥25,000(税別)/1棟

 

・ハイDay

¥30,000(税別)/1棟

*通常の土曜日・祝前日・夏休み中の平日

 

・トップDay

¥35,000(税別)/1棟

*連休・蛍シーズン・夏休みの土曜日・お盆・年

 

(延長料金)

・ 1時間: ¥1,000(税別)

 

・ アーリー最早: 13:00

 

・ レイト最遅: 12:00



■鴨池荘

 

・全7室

 

・館内に露天風呂とサウナ付きの入浴施設「美肌の湯」があります。



キャンプ場

 

■グループキャンプサイト

 

・全2区画

 

・その名の通り大人数でのスペースを確保できます。

 

■フリーキャンプサイト

 

・テント1張でとてもリーズナブルです。

 

・ソロキャンプもOK(自転車やバイク)

 

■オートキャンプサイト

 

・全18区画(大、中、小の区画があります)

 

・その名の通り、車を乗り入れてそのままキャンプできます。

 

 

キャンプだけじゃない!その他アクティビティ施設が充実!

 

グリーンパーク山東のキッズエリアの大型遊具

 

■お子様のための

 

・アスレサーキット(フィールドアスレチック)

 

ドラゴンスライダー(全長100mのロングスライダー)

 

・キッズエリア(大型遊具)

 

■大人のための

 

・テニスコート

 

・サッカー場(イベント広場)

 

・屋外ゲートボール場

 

・グリーンドーム(屋内多目的広場)



まとめ

 

その他にも美術館や三島池と、樹々の緑に囲まれた広大でのどかなたたずまいの中で、只々時を忘れて散策するのも良いと思います。

 

実際に僕が行ったのは4月はじめの桜の季節でした。

 

朝早く起きて凛とした空気の中、桜を見ながらの散歩は格別でした。

 

寝起きでボーッとしたまま、カメラもスマホも持たないで出かけたものですから、その時の光景が僕の記憶の中にしかありません。

 

目の前にそびえ立つ伊吹山も見えますし、秋の紅葉の季節もまた格別だと思います。

 

ぜひこれからの季節、自然の中での家族のコミュニケーションと心の癒しに出かけてみてはいかがでしょうか。

 

**尚、詳しい情報はグリーンパーク山東の公式ホームページをご覧ください。

https://greenpark-santo.com/

 

次回は「グリーンパーク山東のコテージでバーベキューキャンプ(道具編)」をお送りします。

 

グリーンパーク山東の三島池

グリーンパーク山東の三島池の橋

三嶋神社の鳥居

グリーンパーク山東の三島池の橋の上


 


 

積み重ねた本に後ろから淡い光があたってる 

小説「慈愛のこころ」

 

少年編19

 

そんないつも仲の良い姉弟のように遊んでいた二人も幼稚園に通い始めるようになると、お互いに別々の友達ができて、二人だけで遊ぶようなことは少なくなっていった。

 

その新たに出来た多少の距離感が、お互いを異性だという意識を強くし、どことなく今までとは違った感情を双方抱くようになった。

 

その感情をおさえきれなくなった2人に、ある変化が訪れる。

 

その運命の日は、健二に気持ちを読まれ、おちょくられてから2週間後の事だった。

 

その日は薫の母親が春子に何か込み入った話があるらしく、お茶でもしながらゆっくり話そうと自宅に招かれ、そのついでに隆司も有無を言わさず当然のように連れて行かれて、当人同士は大人だけの大事な会話があるという事で薫の母親に、

 

「薫ちゃん、あたしらはこれから大事な話があるから、二階で隆ちゃんとゲームでもして遊んでてねっ。」

 

と言われ、薫に先導されて二階の薫の部屋に上がる。

 

薫の部屋には幾度となく入っているのだが、久しぶりなのと幼稚園であんな事があっただけに、お互いにいつもと違う緊張感が漂う。

 

隆司も普段はしょーもない冗談を言って薫に突っ込まれたりするのだが、今日はそんな余裕もない。

 

何か2人ともぎこちなく、気まずい。

 

そんな違和感のある空気を一変させようと口火をきったのは薫の方だった。

 

こういう時、度胸があるのは得てして女の子の方だ。

 

つづく

 

*この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

 

机の上にデスクトップパソコンと小説と飲みかけのコーヒーカップが置かれている